焼きうどん|ヘルシオのまかせて調理で簡単に。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

引用:ヘルシオレシピ

焼きそばと同じような感じで焼きうどんも作れます。

豚バラ肉、鶏肉、ウインナー、ベーコン何でもOK。冷蔵庫にある野菜を食べやすい大きさに切って。火の通りを良くするために、人参は薄めに切るのがおすすめです。冷凍うどんを常備しておくとなにかと便利です。

ホットクックでも簡単に作れます↓

「あごだし」でシンプルなうどん【頑張らないホットクック料理】
九州では焼きあごを使った「あごだし」が最高級のだしとして親しまれていますが、材料をみてみるとおいしそうな具材ばかりです。試しに使って・・

用意するもの

材料(2人分)

うどん       1玉
白菜        200g
豚もも肉      50g
玉ねぎ、にんじん  40g
★めんつゆ    大さじ1
★こしょう    少々

焼きうどん の作り方

水タンクに水を入れる。(水位1以上)

白菜、玉ねぎ、にんじん等の野菜を切る

冷凍うどんはサッとお湯をかけるて自然解凍か、ヘルシオで解凍する。

ヘルシオの中央で、ラップの上に「うどん」を入れる(包まない)

「解凍」→「全解凍」「弱め」

 

角皿にクッキングシートを敷き、うどん、野菜、豚肉を順に重ねて並べ、

ソースをかけて、下段に入れる。

まかせて調理 → 炒める → スタート

ヘルシオの「まかせて調理」とは

ボタンひとつで、焼く・揚げる・炒める・蒸すの調理ができる機能です。

食材をトレーや網の上に載せてボタンを押すだけで、ヘルシオが食材の量や温度を監視しながら、自動的に最適な時間で加熱調理してくれるので、我が家でもよく使います。

ただ、料理によっては火が入りすぎるメニューもあるので「弱め」「標準」「強め」を使い分けています。