サラダチキン!違う味を同時調理【頑張らないホットクック料理】

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

サラダチキン

違う味を同時調理!サラダチキンは買うと高いけど、ホットクックで作ると、しっとりとした鶏胸肉をいつでもたべれます。

ジップロックを使うと、コンビニで売っているようなカレー味、ガーリック味、レモン塩、ハーブ塩など・・いろいろ試せます。

サラダチキン

手動→発酵・低温調理をする→65℃ 2時間

↓をクイックすると動画が開きます。

ホットクックでサラダチキン!低温調理で違う味を同時調理

材料(作りやすい分量)

鶏ムネ肉  1枚

  • 塩麹      大さじ1
  • 顆粒状コンソメ 少々
  • 乾燥バジル   少々

 

鶏ムネ肉  1枚

  • 塩   小さじ1/2
  • 砂糖  大さじ1/2
  • 水   大さじ1

重量の1%〜2%の砂糖と、0.5%〜1%の塩で味付けして暫く置きます。

 

鶏ムネ肉  1枚

  • 酒      大さじ1
  • 丸鶏がらスープ 少々

鶏むね肉の重量に対して0.8~1%

作り方

  1. 鶏むね肉は両面にフォークで穴をあけ、両面に調味料をよくもみこみます。
  2. ジップロックに空気を抜きながら入れ、冷蔵庫で一晩おく。
  3. 内釜に水1Lを入れ、本体にセット。常温にもどした肉を入れます
  4. 手動→発酵・低温調理をする→65℃ 2時間
  5. 肉厚の部分にちゃんと火が入っているか、裂いて確認して、しっかりと火が入っていればできあがりです。足りないときは余熱でそのまま置きます。

 

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)<操作手順>

発酵・低温調理をする

手動→発酵・低温調理をする→65℃ 2時間を選んで「 スタート」を押します。

ホットクックは、35℃~90℃と1℃単位で設定ができるので、塩こうじ、味噌、温泉卵などいろいろ試しています。