【冷やし中華】ホットクックで麺をゆでると楽です。室温も変化なし!

こんにちは、フーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックで作った料理を記録しています。

市販のレーメン(冷やし中華)を作りました。「めんをゆでる機能」はほんと楽です。

麺をゆでる

手動でつくる ⇒面をゆでる ⇒3分

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

 

作り方・手順

まぜ技ユニットをセットします。

内鍋に1000ml程度の水を入れます

手動でつくる ⇒面をゆでる ⇒3分を選んで「 スタート」を押します。

お湯が沸くと、「食材を入れてください」と言ってくれます。

麺を入れたら、ちょっとかき混ぜて蓋を閉めます。

後はホットクックにおまかせです。

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクックKN-SH16

 

めんをゆでる機能は楽です。

鍋でゆでると

つきっきりで見ていないと、あっという間に湯だって吹きこぼれてしまいますが、ホットクックはお湯が沸くまで時間はかかりますが、

その間は他のことをしています。

我が家はヘルシオ AX-AW400容量26L ・1段タイプのオーブンとホットクック KN-HW16DKN-HW10Eを使っています。

 

■最新機種はこちら■



蒸す・ゆでる(ホットクック)めん類
シェアする
シニアのヘルシオ ホットクック活用術