なすの味噌炒め|ホットクックで炒める→5分で簡単!【定番レシピ】

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

今日はホットクックで「なすの味噌炒め」をつくりました。総時間で30分。

夏から秋にかけての茄子は、味にクセがないので好きです。また、茄子の皮の部分に含まれるポリフェノールは、老化予防や美容効果も期待できるそうなので、皮は半分残して料理しています。

ホットクックの手動の機能は、本当に便利です。冷蔵庫にある野菜やキノコを適当に切って内鍋に入れたら、スイッチを入れ「炒める→5分」でたいていうまくできます。

用意するもの

<材料 2人分>

茄子、しいたけ、油揚げ(総重量300g)

味噌 300g✕6%=18(大さじ1)

味噌大さじ1杯は、およそ18gです。醤油やみりんも大さじ1杯は、およそ18g。
ちなみに、水、酒、お酢の場合は、大さじ1杯が15g。

味噌小さじ1杯は、およそ6gです。小さじは、大さじの3分の1。

メモっておくと便利です。

材料を少し大きめに切って、総重量の6%の味噌をいれます。ホットクックは自動でかき混ぜるてくれるので、小さくするとカタチがなくなってしまいます。

野菜は(総重量300g)を目安にすると、大さじ1の味噌なので味付けがラクです。

なすの味噌炒めの作り方

まぜ技ユニットをセット

材料を切って、全部入れて、味噌をいれて

手動:炒める→5分

<操作手順>

手動で作る → 炒める → 約5分 → スタート

炒める

約30分で出来上がりです。

沸点に達してからの時間(設定時間)

  • ナスやピーマンは5分
  • 牛蒡や大根は10分
  • ほうれん草や小松菜は1分

勝間和代のロジカルクッキングを参考にして

材料切って、味噌入れて、スイッチ押すだけ!!ホットクックは調理時間は長いけど「時短」プラス「簡単」だから好きです。

ナスやピーマンの場合は5分で、牛蒡や大根だともっと10分とか長くなりますし、ほうれん草や小松菜などもっと1分とか短くなります。

・・・出来上がるとすごくおいしいです。・・

■参考したサイトは、こちら

ホットクックの真骨頂の一つは「簡単みそ炒め」です。材料切って、味噌入れて、スイッチ押すだけ。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
ホットクックであとよく作る料理は、簡単味噌炒めです。 ブレイズと同じように、野菜やキノコを適当に切ってうち鍋に入れたら、今度は塩ではなく 「総重量の5%の味噌」 をいれて、あとは、炒め機能がある最新のホットクックの機種は手動炒め、ないものはホットクックは手動煮物かきまぜあり機能で、どちらでも、5分をセットします。 5分・・

複数調味料の場合は

調味料は、食材の重量✕塩分0.6%(醤油3,7%・みそ5%)

総重量 800g✕塩分0.6%=4.8g

大さじ1の醤油 は、 18g x 1.35 x 3.7% = 0.89gの塩分だから

※残りの塩の分量(4.8 – 0.9 =3.9g)÷5%で割ると味噌の分量になります。

味噌 3.9 ÷ 0.05 = 78g