蒸し野菜|ホットクックで蒸すと栄養も逃げず、うまみも残ります。

こんにちは、フーばぁばです。老後もラクしておいしいごはんを食べたいと「AI家電」の勉強中!ヘルシオ・ホットクックを使いこなすコツやレシピを記録しています。

『蒸し野菜』が簡単!ゆでるより栄養も逃げず、うまみも残ります。蒸し野菜は少し多めに作って、冷蔵庫で保存しておくと便利です。

蒸しキャベツ

内鍋に水100mLを加え、蒸し板をのせる。

キャベツをざく切りにして洗い、アミに入れて蒸し板の上にのせる。

手動で「蒸す」を選んで5分。

<操作手順>

手動で作る →蒸す →5分 →スタート

ホットクックで蒸す

足りなければ、「延長」もできます。

キャベツはそのまま食べても甘いので、マユネーズを少しかけます。

ニンジン

皮をむいて5~8ミリの厚さの輪切りにし、水(大さじ3)と一緒に内鍋に入れる。

自動の「ゆで物」で、ブロッコリーを選ぶ

<操作手順>

自動メニューを選ぶ →カテゴリーで探す →ゆで物 →ブロッコリー →スター

ゆで物

 

スタートキーを押す

 

じゃがいも・かぼちゃ

じゃがいもは皮をはいで、4~8個に切り水(大さじ3)と一緒に内鍋に入れる。

 

自動の「ゆで物」で、いも・かぼちゃ(ゆで)を選ぶ

<操作手順>

自動メニューを選ぶ →カテゴリーで探す →ゆで物 →じゃがいも →スター

ゆで物

スタートキーを押す

根野菜などの固いものは、水を50mlくらい加えて加熱します。