【0.6%塩分の法則】めんどくさい料理レシピが不要!ヘルシオ・ホットクック

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

ホットクックは無水調理、だいたいなんでも美味しくしてくれます。勝間さんの著書やブログで、一生レシピがなくてもおいしいロジカルクッキングを紹介されていたので参考にしています。

0.6%の塩分をGoogle Homeで計算する方法。台所にGoogle Homeは必需品。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
私は調味料は砂糖やみりんを全く使わず、原則として、総重量の0.6%相当の塩分を入れることにしています。 もともとロジカルクッキングの水島シェフの推奨が0.8%だったのですが、私もずっと作っていくうちにそのうち0.7%となり、今は0.6%まで下がりました。 そして、総重量の計算は、 全体の分量-うち鍋の重さ で測ります。・・
ロジカルクッキングの塩分量の計算
ロジカルクッキングの塩分量の計算をまとめました。材料(野菜、肉、水など調味料以外)の重さから、調味料(しお・しょうゆ・みそ)の必要量を計算し・・

0.6%塩分の法則

  1. 食材の総重量から、塩分量を計算
  2. その塩分量をくわえる

塩は、そのまま0.6%

醤油だけの場合は、0.6%×100÷16(醤油の塩分パーセント)=3.75%

味噌の場合は、0.6%×100÷12(味噌の塩分パーセント)=5.0%

ただ、

0.6%の味付けにすると・・レシピによっては。

ホットクックは少し薄い・・ブツブツ・・

というので、・・いろいろ試しています。