塩味の肉じゃが|ホットクック勝間流!煮る(まぜない)10分がちょうどいい

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

勝間和代さん著「勝間式食事ハック」やブログから学んだ「時短・安い・おいしい」を試しています。塩味の肉じゃがを作ってみました。砂糖だけじゃなく、みりんもなしで。

じゃがいもは、すこし大きめに切って入れています。ホットクックで煮るとはじめよりも、水分が増えるので、水は少なめです。

手動で作る →煮る(まぜない) 10分

勝間流「肉じゃが」

<材料 2人分>

じゃがいも 3個
にんじん  1/2本
玉ねぎ   1個
鶏肉    80g
★塩    小さじ1
★コショウ 少々
★水    大さじ2

450g✕0.6%=2.7g(小さじ0.5)

塩の計量が簡単なので総重量を450gにしています。

<作り方>

鍋をのせた状態を基準(0表示)にして量ることができる「0表示機能」が便利です。

野菜を入れてから、肉 入れる。総重量を450gにして、

塩(小さじ1/2)と水(大さじ3)を入れ本体にセットします。

ホットクック1.6Lタイプ

<操作手順>

手動で作る →煮る(まぜない) 10分 を選んで「 スタート」を押します。

まぜない

できたら、軽く手で混ぜて、延長するか、余熱で仕上げます。

(出来上がった時に箸を刺してみて、固いようなら「2分~3分延長」します。)

新じゃがは、10分でもホクホクしてちょうどいい感じにできます。

鶏肉は「ダシ」も出るので・・

最初から入れています。

塩だけの場合は「粉ふき芋」に似た感じです。

今回は、人参がなかったので色目がさみしいので「冷凍の小松菜」を入れて「延長2分」で煮ました。

覚書メモ「まず、自分でやってみる」

勝間和代さんといえば、有名な経済評論家。「すごいなーっ」て思うのは、いろんなことを自分の手でやってみて、実際に試行錯誤したやり方を惜しみなく紹介していること。

勝間さんの本やブログは、試してみようと思った時に、すぐに行動に落とせるように具体的に書いてあって、即実践できるので好きです。

本当に『何かを学ぶためには、自分で経験する以上にいい方法はない・・』ですよね。

勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ