【細切れ肉の生姜焼き】ホットクックとヘルシオの組み合わせ最強です。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックを実際に試しながらレポートしています。

豚肉の生姜焼き

ヘルシオのソフト蒸しを使って、豚肉を蒸し焼きにしました。甘くて柔らかい生姜焼きです。

フライパンで作ったような焼き感はないのですが、お肉が柔らかいので食べやすいです。野菜はホットクックで炒めます。

勝間さんの「野菜とお肉を別々に蒸して、最後にまとめてしょうゆをからめる、というやり方・・・・」を参考にして作ってみました。ほんと、ソフト蒸しは最強です。

豚肉のしょうが焼き

野菜は、ホットクックの手動⇒炒める・3分

豚肉は、ヘルシオの手動加熱⇒ソフト蒸し70度・14分(細切れなので)

 

材料(2人分)

豚肉   200g
玉ねぎ  1/2個
ピーマン、きのこなど適量

  • 照り焼きのタレ(15ml当たりの食塩相当量 1.1g)
  • 生姜(チューブ) 適量

具材の総量をはかって「照り焼きのタレ」の量を計算。

0.7÷1.1g×15ml=9.5%

総重量320g×9.5%=30.4g(大さじ2)

 


作り方・手順

  1. まぜ技ユニットを使います。
  2. 内鍋に野菜を入れて、セットします。

手動⇒炒める・3分

ヘルシオの天板に網をセットして、その上に豚肉を広げて並べます。「ソフト蒸し70度・14分加熱します。

 

  1. 内鍋に蒸した豚肉を入れ、調味料を回し入れ、混ぜ合わせます。
  2. 完成!お肉もやわらか~い生姜焼きです。

 

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)<操作手順>

炒める

豚肉は

ヘルシオAX-AW400(1段タイプ)<操作手順>

ソフト蒸し

 

手動加熱⇒ソフト蒸し70度・14分 を選んで「 スタート」を押します。様子を見て大きな肉の時は15分、細切れ肉は14分にしています。

ホットクックとヘルシオでおいしい「肉じゃが」作りました。
ヘルシオのソフト蒸しとホットクックで「後がけしょうゆ肉じゃが」を作りました。 勝間式 超ロジカル料理本にのっている「野菜とお肉を別々に・・

 

勝間和代さん(経済評論家)が、時間も手間もなるべくかけずに美味しく作るということをポイントに書籍やyoutubeで惜しみなく情報発信されているので、いろいろ参考にさせてして、試しています。