【蒸し鶏ムネ肉】ホットクックで手作りサラダチキン!

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックを実際に試しながらレポートしています。

ホットクックKN-SH16は、No.099鶏肉・豚肉(ゆで)ができる自動メニューがあるけど・・小さなKN-HW10にはありません。

そこで、蒸しトレイを使って手動で蒸しました。作り方はほおっておけばいいのでとっても簡単です。

蒸し鶏ムネ肉

蒸す ⇒5分。余熱で10分

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

【蒸し鶏ムネ肉】ホットクックで手作りサラダチキン!

材料(作りやすい分量)

鶏むね肉 1枚
長ねぎ 適量

・酒 大さじ1

 

作り方・手順

  1. 鶏むね肉、1枚はだいたい300〜400gくらいです。
  2. 鶏むね肉は厚みを均等にして、酒大さじ1をもみこみます。(酒は保水力を高め、パサパサ感をなくす効果があるそうです)

蒸しトレイにオーブンシートをしき、ムネ肉を並べてネギをのせます。

手動で作る ⇒蒸す ⇒5分。余熱で10分

余熱で火を通す方がしっとり仕上がります。念のため割いて中を確かめてみて、もし赤かったら加熱します。

粗熱が取れたらフタをして冷蔵庫へ。食べるときにカットしたり、手でさいてサラダにします。

 

1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクックKN-HW10<操作手順>

蒸す

サラダにして

材料(2人分)

ひじき、きゅうり、ムネ肉 適量

 

<中華風ドレッシング>

  • 醤油 大さじ1
  • ごま油  大さじ1
  • 米酢  大さじ1

食材をすべていれて和えます。簡単にサラダが出来上がり!

市販のゴマダレも好きです。

ホットクックでサラダチキン(鶏ハム)
人気の鶏ムネ肉でサラダチキン(鶏ハム)をつくりました。ホットクックの発酵機能を使うと簡単です。いろいろ試して、最近は低温調理・ 65・・

鶏むね肉で疲れがとれる・・。

渡り鳥が何万キロも飛び続けられるのは、羽のつけ根の筋肉にイミダゾールジペプチドがたくさん含まれているからと言われています。

イミダゾールジペプチドは、自律神経などの細胞を“さびつかせる”原因である活性酸素を消してくれるので、疲労回復効果があるそうです。

↓こちらの本を参考にさせていただきました。