【ホットクックレシピ】煮こみうどん(No.105)

こんにちは、フーばぁばです。元気で快適な老後を暮らすために、話題のAI家電ヘルシオ、ホットクックのレシピを記録しています。

余った野菜を適当に入れて「No.105煮こみうどん」をつくりました。ガスコンロやヘルシオでもできますが、ホットクックが断然ラクです。

キャベツは3枚くらい入っていますが煮込むと少しになったので、次はもっと多めに。揚げとちくわは別の鍋で煮込んだものをのせて完成です。具材を変えれば、色々なうどんが楽しめそうです。【定番レシピ】

メニュー番号で探す → No.105(煮こみうどん)
カテゴリーで探す → めん類 → 煮こみうどん

用意するもの

<材料 2人分>

冷凍うどん       2玉
水           600mL
ヒガシマルうどん出し  2パック
キャベツ、ちくわ、ニンジン、揚げ 適量
<材料 1人分>
冷凍うどん      1玉
水          300ml
くばら「あごだしつゆ」 50ml

久原醤油 あごだしつゆ 500ml久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋も便利です。

ホットクック(No.105)煮こみうどん の作り方

まぜ技ユニットをセットする。

内鍋に野菜を入れ、その上に冷凍のうどんを入れて

だしパック(またはめんつゆ)を入れる。

本体にセットする。

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)

<操作手順>

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.105(煮こみうどん) → 調理を開始する → スタート

または、

メニューを選ぶ → カテゴリーで探す → めん類 → 煮こみうどん

上下キーで合わせて「スタート」を押します。

待つこと25分~30分。できあがり!

 

濃度の違うタイプのめんつゆ

↓こちらのサイトに分量の計算がしやすい一覧表がありました。

めんつゆの2倍・3倍・4倍濃縮を、他の濃度で代用する方法。
市販の濃縮タイプのめんつゆを、濃度の異なる他のめんつゆで代用する方法をご紹介します。2倍濃縮のめんつゆを3倍濃縮で代用したり、あるいは4倍濃縮で代用したりといった場合に、この記事の内容を知っておくと役立ちます。めんつゆを水で薄めずに使う場合と、水で薄めて使う場合では、分量の計算方法が少し異なるので、それぞれについてご説・・