あんぱんを作りました。ヘルシオとホームベーカリーの連携が便利です。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

便利な調理家電を使いこなすためにいろいろ試しています。あんぱんをつくりました。注意するのは、オーブンを予熱するとき。つい、流れでパンを入れて失敗したのでメモっておきます。予熱が完了してからパンを入れて、焼きます。

一度だけ、やってしまいました。

なれた頃が、危ないです。

中にいれる「あんこ」はホットクックで、生地はHBで、とっても簡単です。ほんと、これを冷凍しておくといつでも焼き立てのパンが食べれます。

メニュー番号122(つぶあん)

あずき  250g(1袋)
水    700mL
砂糖   300g
塩    小さじ1/2

おはぎも簡単!ホットクックでつぶあんの作り方
小豆を煮て、あんこたっぷりの「おはぎ」をつくりました。ホットクックにあずきと水を入れてボタンを押すだけ。ほったらかしでできます。ビックリする・・
ヘルシオの「おはなし機能」を使ってトースト(No60)を焼きました。
「おはなし機能」を使って、トーストを焼きました。ヘルシオから聞かれた順に選択していくと、トーストを焼くことができます。焼きあがるまで・・

バターロール No76

強力粉  250g
塩    小さじ1
砂糖   大さじ2
バター  20g
卵    1個
水    150cc
酵母ドライGイースト 3g

メニューパン生地「23」の<作り方>

ホームベーカリーに材料を全て入れて、パン生地を作り。約1時間

パン生地「23」

一時発酵が終わったら生地を取り出しておおよそ6個に分けます。

ラップをかけて約20分おき、休ませる。(ベンチタイム)

丸めて、生地を縦に置き、麺棒で伸ばし、クルクルと巻いて形をつくります。

生地の表面に「溶き卵」を塗り、二次発酵はヘルシオで

発酵35度 →40分 →スタート

2次発酵が終わったら、

メニュー番号 No76.バターロール →スタート

手動の場合は:オーブン200℃(予熱あり)→11分

ここで、うっかり角皿を入れてしまうことがあるので注意!!

予熱をします。(※食品は入れません)

→スタートを押す

予熱が完了すれば、下段に入れる。

ホームベーカリーだから、あんまり気負わずに簡単です。

ドライ天然酵母食パン

  1. 天然酵母ドライイースト以外の材料をパンケースに入れる。
  2. 天然酵母ドライイーストをイースト投入口に入れる。
  3. ホームベーカリーの「ドライ天然酵母食パン」メニューを選択してスタート。

小麦粉はいつもと同じでも、発酵時間で味が変わりました。

■参考したサイトは、こちら

ドライイーストでも天然酵母メニューがおすすめ。パン屋さんの味に近づいた気がします。 | ゆるりまあるく
ホームベーカリーで少量のドライイースト&天然酵母メニューを使ってパンを焼いてみました。一言で言うと「パン屋さんのパンに近づいた」感じです。そうか、これか!という気持ちです。ドライイーストでも天然酵母メニューきっかけは「少しのイーストでホームベーカリー」という本です。天然酵母コースでゆっくり発酵する方法で焼いたパンがたく・・

覚書メモ

白神こだま酵母ドライG

  • タイマー設定/自動投入○
  • 通常パンコース

ホシノ天然酵母パン種

  • タイマー設定/自動投入✕
  • 天然酵母コース

ホシノやあこの天然酵母生種があまってしまったら…?

A.使い切れずあまってしまった生種は、お料理に使うのがおすすめです。

●塩を加えて塩麹と同じ調味料として
生種に対して10%(例 生種50g:塩5g)の塩を加えて塩麹と同様の調味料として使えます。

●肉や魚を生種に漬けこんでから料理
肉・魚100gに対して大さじ2(30g)の生種を全体にまぶし約30分漬け込み、キッチンペーパー等でふき取ってから調理します。臭みをとり、柔らかく、旨味を引き出して肉や魚の味が濃くなります。

●カレーやシチューなどの煮込み料理の隠し味に
カレーやシチューの具に水を入れるタイミングと同時に、1皿分に対して大さじ1の生種を加えて煮込みます。コクと深みがでてまろやかに仕上がり、一緒に煮込む食材も柔らかくなります。

参考にしたサイトは、こちらの天然酵母のパン、イーストのパン

↓これ、意外と便利です。レシピの材料を指定通りにいれてスイッチを押せば出来上がり!音はかなり静かです。深夜に稼働しても気になりません。