【じっくり煮込んだ煮魚】秋はやっぱりサンマが美味しい!ホットクックで煮込みました

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

秋の代表的な魚といえば、なんといっても「さんま」ですよね。脂がたっぷりと乗ったサンマ・・魚屋さんで下処理済みを買ってきました。

塩焼きもおいしいのでが、レシピに「サンマの柔らか煮」があったので作りました。ホットクックで加熱すると、骨まで柔らかく煮えて味もしっかり染みています。

さんまの骨までやわらか煮

<加熱方法>

自動メニューの2時間30分は少し長いような・・?足りなければ延長もできるので、手動で煮込みました。

【手動】手動で作る⇒煮物⇒混ぜない・80分

 

材料(作りやすい分量)

さんま 2尾

  • 酒    50ml
  • みりん  大さじ1.5
  • 砂糖   大さじ1
  • 酢    大さじ1
  • しょうゆ 大さじ0.5
  • しょうが、梅干し 少々

作り方・手順

<下処理>

さんまの頭と尾を切って、頭を真っ直ぐに引き抜くと、腹わたが取れます。

  1. まぜ技ユニットは使いません。
  2. サンマは筒切りにします。
  3. 材料を内鍋に入れて煮込みます。

 

1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクック(KN-HW10)<操作手順>

煮物手動

手動で作る⇒煮物⇒混ぜない・80分 を選んで「 スタート」を押します。

 

献立

煮魚、ポテトサラダ、小松菜の煮びたし

ゆでた小松菜にめんつゆをかけるだけ、簡単にひと品できあがります。

ホットクックでポテトサラダ!この手軽さは本当に楽です。
今日はホットクックで「ポテトサラダ」をつくりました。ヘルシオに串をさした焼き鳥をセットして夕食準備完了です。 ポテトサラダ 手動・・
小松菜、ほうれん草の低温蒸し【頑張らないヘルシオレシピ】
ほうれん草、小松菜は、ヘルシオの「ソフト蒸し」がおすすめです。栄養も残って日持ちもいいです。 小松菜を蒸しゆでして、冷蔵庫で3日を目安・・

 

・小松菜の低温蒸し

【手動加熱⇒ソフト蒸し⇒80度で6分】

・ポテトサラダ

【手動で作る→無水でゆでる→20分】

じゃがいも 1個 にんじん1/4本
塩、コショウ少々
酢 小さじ1 マヨネーズ 適量

さんまは栄養たっぷり!!

青魚にたっぷり含まれていると言われているEPA(エイコサペンタエン酸)は血液をサラサラにしたり血管を軟らかくして動脈硬化や血栓の予防、悪玉コレステロールを低下させる働きがあるそうです。

また、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳細胞の活性化に効果があると言われています。