白身魚(鯛)の焼きトマトスープ【頑張らないヘルシオレシピ】

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

鯛の切り身が割引になっていたので購入。「真鯛の焼きトマトスープ」を作りました。

愛媛の宇和島、宇和海でタイを養殖しています。おかげで新鮮な鯛が手ごろな価格でスーパーに並びます。我が家でも鯛めし、塩焼き、煮付けなど食卓に出る回数が多いです。

白身魚(鯛)の焼きトマトスープ

まかせて調理⇒焼く(弱め)

 

材料(1人分)

真鯛の切り身 1切れ
トマト    1個
シイタケ   2~3個

  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩0.6%

作り方・手順

  1. 耐熱容器に真鯛の切り身をいれて、その上にしいたけとトマトをのせます。
  2. 総重量の0.6パーセントの塩と、オリーブオイルをかけて、
  3. 角皿にのせて、下の段へセットします。
  4. 水タンクに水を入れ、あとはヘルシオにおまかせです。

 

ヘルシオAX-AW400(1段タイプ)<操作手順>

焼く

まかせて調理⇒焼くを選んで「 スタート」を押します。弱めを選択します。

 

トマトをほぐしながら、お魚と一緒にスープも全部飲んでいます。鯛のだしと混ざって、おいしいです。白身の魚ならなんでもおいしく代用できます。

 

↓愛媛の鯛について紹介しているサイト:参考(愛媛県観光物産協会)

愛媛県の鯛がおいしい理由
広島県はお好み焼、香川県はうどん、高知県ならカツオなど、各県には全国的に有名な名物グルメ(食材)があります。愛媛県はみかん?いいえ、実は、愛媛は「鯛」がすごいんです!愛媛県では全国の半分以上の鯛を生産し、新鮮な鯛を使った郷土料理が名物となっています。