【焼き魚】ヘルシオは「魚焼き器」としても優秀です。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックを実際に試しながらレポートしています。

ヘルシオは魚焼き器としても優秀です。もう、グリルに後戻りはできません。冷凍の干物も自動で上手に焼き上げてくれます。さんま、ホッケ、あじの開きも焼きます。

ホットクックで煮物をセットして、ヘルシオでメイン料理を作るのが、我が家の定食です。干物は日持ちがするし、冷凍の塩サバもおいしく焼けるので魚を食べる回数が増えました。

動物性のタンパク質でも、

肉より魚の方が脂質が少なくてヘルシーです。

焼き魚

まかせて調理→焼く

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

 

作り方・手順

  1. 油をぬった網に魚を並べて、(トレーでもOK)
  2. 角皿にのせて下段に入れます。
    (※我が家は26Lタイプです。30Lタイプは上段にセットします)
  3. 水タンクに水を入れ、あとはヘルシオにおまかせです。

 

ヘルシオAX-AW400(1段タイプ)<操作手順>

焼く

まかせて調理→焼く を選んで「 スタート」を押します。

特に仕上がりは選ばず「標準」で大丈夫です。

 

焼き方が選べます。

弱め・標準・強めと、仕上がり具合を選べます。

冷凍のサバも干物も大丈夫です。うまく焼けました。

 

ヘルシオは、後始末も簡単!

ヘルシオで魚を焼くと匂いが残るので、続けて「庫内クリーン」をしています。時間は約15分。お手入れも水をセットしスイッチを押すだけなので簡単です。

焼き魚はヘルシオで焼いています。掃除がラク!!もうガスコンロにもどれない。
焼き魚はおいしいけどーー。魚を焼いた後のグリル掃除が面倒だし、放置しておくと魚の脂がこびりつき、臭いも・・そんなこんなで献立から遠の・・
ヘルシオが臭う時は庫内クリーンで解決!「お手入れ」
ヘルシオが臭う時は庫内クリーンをするとほぼ解決します。 肉や魚を焼いた後など・・どうしても庫内は臭います。 タンクに水が・・