【発酵あんこ】ホットクックは簡単!冷えると、自然な甘さになります。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のホットクック・ヘルシオを使って「食生活の見直し」を実践中!

ゆで小豆と米麹を発酵させて「発酵あんこ」をつくりました。発酵あんことは、小豆甘酒の水分をすくなくした小豆煮。冷えると、自然な甘さになります。

ホットクックなら、あずきと米麹があれば手間はかからないのですが・・出来上がるまで6時間~8時間。簡単だけど、時間がかかります。

おはぎも簡単!ホットクックでつぶあんの作り方
小豆を煮て、あんこたっぷりの「おはぎ」をつくりました。ホットクックにあずきと水を入れてボタンを押すだけ。ほったらかしでできます。ビックリする・・

発酵あんこ 8時間~9時間

メニュー番号で探す → No.122(つぶあん)
メニュー番号で探す → No.106(あずきの甘酒)

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

【発酵あんこ】ホットクックは簡単!冷えると、自然な甘さになります。

材料(作りやすい分量)

■小豆をゆでる(2時間)

  • 小豆   200g
  • 水    600g
  • 塩    小さじ1/3

 

■あんに麹を入れて発酵 (6時間)

  • 水      50g
  • 米麹(乾燥) 200g(小豆と同量)

作り方・手順

  1. まぜ技ユニットを使います。
  2. 小豆は水に浸さずに洗ってすぐ使います。内鍋に小豆と水を入れて
  3. 途中、2時間くらいで、ブザーが鳴るので塩(少々)をいれてから混ぜます。
  4. ここで「とりけしキー」を押し、内鍋を取り出して冷まします。

 

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16W)<操作手順>

メニュー番号で探す

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.122(つぶあん)を選んで「 スタート」を押します。

途中で、ブザーが鳴るので塩(少々)をいれてから混ぜます。

ここで、「とりけしキー」を押します。

60℃以上だと麹菌が死んでしまうので、約30分そのまま放置してから麹を加えます。

 

麹を入れて発酵 6時間

材料(作りやすい分量)

水      50g
米麹(乾燥) 200g(小豆と同量)

 

ここがポイント!

60℃になるまで30分くらい冷ましてから、温度計がないので、手で触れるくらいを目安にしています。

水と米麹を入れて混ぜます。

<操作手順>

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.106(あずきの甘酒) を選んで「 スタート」を押します。

 

約6時間。出来上がり!砂糖でつくったような甘さはなく、やさしい甘さです。

煮詰める

蓋を開けて、あんこを練って完成です。

この、追加の「火入れ」をすると保存も効いて甘味が増します。(ここで、少し砂糖を足しても・・甘みが増します。)

冷蔵庫で3日くらい、冷凍で1ヶ月くらいを目安にしています。

シュガーフリー(砂糖断ち)ではないけど、

これなら砂糖が減らそうです。

2020年2月14日のNHK『ごごナマ』でも取り上げられていたので、試してみました。麹、あずきともに美肌効果も期待できそうです。ただ、麹菌は熱を加えると効力はなくなるけど、熱に強い栄養素は残るので・・すこし煮詰めて使っています。

天然酵母で全粒粉パン50%(ホームベーカリー)
ホームベーカリーでドライタイプの天然酵母を使った全粒粉パンをつくりました。材料をきちんと測ったら、ホームベーカリーで上手に焼けそうです。最初・・
あんぱんを作りました。ヘルシオとホームベーカリーの連携が便利です。
便利な調理家電を使いこなすためにいろいろ試しています。あんぱんをつくりました。注意するのは、オーブンを予熱するとき。つい、流れでパン・・

今回使った材料

200g入りを選ぶと、計量しなくても良いので便利です。



ホットクック、内鍋のお手入れ

鍋の汚れが気になるときは、底面や、本体側も、「メラミンスポンジ」で優しくこする感じで、コレ、使ってます。

それでも落ちない、着色汚れはキッチン泡ハイターをシュシュッとしておきます。その後しばらく放置しておくと、キレイになります。