ホワイトソース(No.077)ホットクックde10分。簡単でおいしい!

こんにちは、フーばぁばです。元気で快適な老後を暮らすために、話題のAI家電ヘルシオ、ホットクックのレシピを記録しています。


ホワイトソース料理が簡単にできるので、グラタンや蒸し野菜にかけていただきます。なんせ、ホットクックの中に牛乳と小麦粉を入れて、ボタンを1回押すだけです。蒸し野菜はヘルシオで70℃蒸ししています。

野菜の低温蒸し【まとめ】ホットクック・ヘルシオ
スーパーで売られている野菜や肉は家族向けの単位なのか・・夫婦2人には量が多いです。そこで、鮮度のいいうちに蒸してから2、3日で使い切・・

ホワイトソース

<材料 3カップ分>

薄力粉 45g
牛乳または豆乳 600ml
★バター 35g
★塩0.5%、コショウ 少々

ロジカルクッキングで計算(総重量680gの場合)

680×0.5%=3.4g(小さじ3/4)

<作り方>

まぜ技ユニットを使います。

内鍋に薄力粉を入れ、牛乳を加えて溶きのばします。
(3回ぐらいにわけて入れるとうまくできます)

底に小麦粉が溜まってると焦げるので注意(グルグルっと軽く混ぜる)

写真にバターがはいっているのは、間違えてからです。公式レシピでは後入れになっていたバターを先に入れたのですが、大丈夫そう・・。ダマにならずにおいしくできました。

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16W)

<操作手順>

メニューを選ぶ →  → No.077(ホワイトソース) → 調理を開始する → スタート

メニュー番号で探す

加熱後、バター、塩、コショウを加えてよく混ぜる。

※すぐに使わないときは、表面にラップを密着させておくと、膜がはりません。

【失敗から学んだコツ】

2回転さして、鍋が温まっているとすぐに止まってしまうから、その時は「10分延長」します。

 

本体が大きくて場所の確保が難しいことや値段が高いというデメリットを差し引いても、ホットクックは便利でおすすめです。