【昆布出し】ホットクック( No.121)で簡単!試してびっくりです。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

ホットクックの付属のレシピ本に自動調理で「だし」?え!!

試してびっくりです。

冷茶用のポットに水を入れ、適当に切った昆布を漬けておくだけの「昆布水」。これを、ホットクックの「だし」キーで煮ると、すっごく美味しい出しになります。

メニュー番号で探す → No.121(だし)

昆布出し

<材料>

だし昆布   5g
水      500mL

*3倍量まで自動でできます。

<作り方>

まぜ技ユニットを使います。

ひと晩くらい漬けた昆布水をホットクックの内鍋に移し、

本体にセットします。

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)

<操作手順>

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.121(だし) → 調理を開始する → スタート

メニュー番号で探す

途中、報知音が鳴り、「食材を取りだしてください」の表示が出ます。

ここで、取り消しキーを押して昆布を取り出します。

取り消しキー

  1. 戻るキー
  2. 上下キー
  3. スタート/決定キー(ランプ)
  4. 予約キー(ランプ)
  5. 保温(ランプ)/とりけしキー
  6. 聞いてキー(ランプ)

 

公式レシピにはかつおぶしを加えてとありますが、我が家はここまで。

 

ホットクックの低温調理!あっぱれ!!

今までで一番の美味しい出汁が取れました。

冷めたら冷茶ポットに入れて、冷蔵庫にストックして2日ほどで使いきります。

もちろん、顆粒だしやだしパックも便利なので使います。どちらがいいと言うわけではないのですが、昆布の栄養も取りたいのでいろいろ試しています。

<使った材料>
リーゾナブルな値段とそれなりの品質で家庭用なら十分。「尾道の昆布問屋」で安心して買っています。