ホットクックで簡単!「塩分量10%の塩麹」を作りました。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックを実際に試しながらレポートしています。

麹

塩で味付けする場合はちょっと入れすぎると大変・・・そこで、勝間さんのブログを参考にして「塩分量10%の塩麹」を作りました。

「塩麹」に漬けておくだけで、肉、魚、野菜が柔らかくなり、うまみが増します。おまけに酵素が消化を助け、免疫を高める働きがあるそうです。

ホットクックの内鍋に直接食材を入れて作る発酵・低温調理メニューを調理するときは、内鍋、内ぶた、まぜ技ユニット、加熱前に材料をかき混ぜるスプーン等を煮沸消毒をしてから使います。

【手動で作る → スープを作る → まぜない → 約20分】

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

塩分量10%の塩こうじ

メニュー番号で探す → No.114(塩麹)

【手動】発酵・低温調理 ⇒60度・6時間

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

 

材料(作りやすい分量)

麹(乾燥) 100g

  • 塩  28g
  • 水 150ml


作り方・手順

内鍋に全材料を入れて混ぜ合わせます。

水を加えて、まぜ技ユニットをつけて、セットします。

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.114(塩麹)

 

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)<操作手順>

メニュー番号で探す

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.114(塩麹)を選んで「 スタート」を押します。

6時間後、出来上がり。初めて作ったけど・・簡単なのでびっくり!

塩分量10%の塩麹にするために、塩を28gにしています。これだと0.6%の塩調味が6%の塩麹に変えられるので大変便利です。

冷蔵庫で保存し、2〜3週間で使い切るように半分の量でつくりました。

公式メニューでは、煮沸消毒とかクッキングシートを敷くとか・・いろいろ面倒そうですが、全部無視して普通に作っています。(あくまでも自己責任ですが。)

【ホットクックで甘酒】自然な甘みで濃厚!本格的な味です★
ホットクックで「甘酒」をつくりました。できあがった甘酒はとても濃厚。作り方は本当に簡単です。ほったらかしで約6時間まつと出来・・

 

↓『勝間式 食事ハック』で紹介されていた「能登 わじまの海塩」。


<煮沸消毒の方法>

  1. 内ぶた、まぜ技ユニットは本体にセットする。
  2. 内鍋に水約200mLとスプーン等を入れ、本体にセットする。
1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)<操作手順>

手動で作る → 蒸す → 約20分を選んで「 スタート」を押します。

蒸す