鶏ガラスープ【頑張らないホットクックレシピ】

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

鶏ガラスープ(鶏白湯スープ)をNo.121(だし)を使って・・・とおもったら、ホットクックが「まぜ技ユニットを本体にセットして」というので、沸騰しない「発酵・低温調理」を使いました。

ポイントは

沸騰させず時間をかけて煮詰める

鶏ガラスープ

手動で作る⇒発酵・低温調理⇒75度・2時間

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

鶏ガラスープ【頑張らないホットクックレシピ】

材料(作りやすい分量)

鶏ガラ  2羽

  • 生姜   適量
  • 水   2リットル

作り方・手順

  1. 50℃のお湯で、鶏がらに熱湯を上からゆっくりとかけて洗います。
  2. 流水で、内側についている内臓や血合いを洗い流します。
  3. 内鍋に鶏ガラと生姜、水を入れ、じっくり弱火で煮込見ます。

できあがったら、スープを漉(こ)します

鶏の旨味が凝縮された、鶏ガラスープの完成!小分けにして冷凍保存しています。

 

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)<操作手順>

発酵・低温調理をする

手動で作る⇒発酵・低温調理⇒75度・2時間を選んで「 スタート」を押します。

鶏肉のスープで「いもたき」を作りました。

愛媛の郷土料理「大洲の芋炊き」(ホットクック)
愛媛では秋になると河川敷で鍋を囲んで「いもたき」をします。大勢で「芋炊き」鍋を囲んでワイワイと親睦を深める恒例行事がはじまると「秋が・・