ホットクック(KN-HW10E)!我が家にきた。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

新モデル「KN-HW16D」容量1.6L。ひと回り小さいホットクックが、注文から半月ほど待ってから・・我が家に到着しました。サイズは「幅364×奥行283×高さ232mm」大きな炊飯器くらいあります。

最近人気のシャープの「ヘルシオ ホットクック」は、煮物やカレー、シチューなどを簡単に作ることができる調理家電です。圧力鍋ではなく、無水調理、一定の温度で加熱できる定温調理ができます。

「KN-HW16D」は、Wi-Fi対応モデルなのでクラウドサービス「COCORO KITCHEN」から新しいレシピをダウンロードOK。便利です。

加熱調理は、火力やまぜ方、加熱時間を好みで設定でます。火加減は弱火、中火、強火で選択でき、混ぜ方も選べます。時間の設定や、調理の途中でフタを開けて煮詰めることができるようになり、普通の鍋のように使えそうです。

フタを開けたまま煮詰める機能もありますが、これはガス火ほどの火力が無いので、あまり使っていません。一応できるけど得意、不得意があるのでそこは適材適所かも。

無水カレー、八宝菜、ブリ大根、おでんなど「煮込みメニュー」が美味しい。

  • 煮込む調理は、ホットクックで。
  • 蒸す、炒める、焼くは、ヘルシオで。

ホットクック活用、勝間さんが実践しているレシピ

  1. 出来上がりの塩分は、0.8%くらいにする。
    煮込み時間を10分とすると、その間に10%程度の水分が蒸発するので、食材の全重量の0.7%の塩分を加える。
  2. 塩分は、計算しながら、量を調整する。
    (醤油大さじ1は約2.5g。味噌大さじ1は約2g。塩小さじ1は5g。)
  3. 甘みは、食材の全重量の0〜2%にする。
  4. 温度管理は、ホットクックで。(理想的な加熱温度85度に自動で設定)

勝間さんが、塩の計算は電卓よりもスマホですると簡単!と著書で紹介。

  • 醤油大さじ1は約2.5g。
  • 味噌大さじ1は約2g。
  • 塩小さじ1は5g。