【勝間流なすの味噌炒め】ホットクックで簡単!

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

勝間さんがブログで紹介されていたので参考にして「ナスのみそ炒め」をつくりました。ナスを切って内鍋に入れてスイッチ ポン!

あとはホットクックに、かき混ぜ棒でかきまぜながら加熱してもらうだけです。

ナスのみそ炒め

(ホットクック)手動 →炒める・5分

 

材料(2人分)

ナス   1本(乱切り)
油揚げ  適量
味噌   総重量の5%

野菜はピーマンやキノコなどを足してもOK。

 

作り方・手順

  1. まぜ技ユニットを使います。
  2. なす、油揚げを内鍋に入れ、ごま油を回しかけて、味噌を入れ、本体にセットします。

 

1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクック(KN-HW10E)

<操作手順>

「手動でつくる」 →「炒める」を選んで

炒める

時間を5分にセットします。(沸点に達してからの時間)

野菜はなんでもOK!

計量して5%の味噌でおいしくできます。

<炒める時間の目安>

ナスやピーマンの場合は5分
牛蒡や大根は10分
ほうれん草や小松菜は1分

わが家の常備品です。「松山あげ」

わが家の常備品、愛媛(地元)の「松山あげ」をご紹介します。

保存が簡単で、おいしい!(愛媛のスーパーならどこでも売っています)
最初は「愛媛の郷土料理 いも炊き」に使う程度でしたが、油抜きしなくても使えるので常備していました。ただ、ホットクックとの相性がイマイチ!!

ホットクックで煮ると、撹拌されて形がなくなっていまいました。揚げがクタクタです。

味はいいのですが・・・見た目でアウト?

↓これが、その時の失敗例です。

伝統の技で造りあげたこだわりの秋田みそ。