【えんどう豆ごはん】ホットクックに全部入れて普通に炊く。

こんにちは、フーばぁばです。元気で快適な老後を暮らすために、話題のAI家電ヘルシオ、ホットクックのレシピを記録しています。

豆ごはん

我が家では豆をはじめから入れています。このほうが、ごはんと豆の風味がよくなじみ美味しいです。毎年、えんどう豆が店頭に並び始めると作ります。

手動で作る →ご飯を炊く
メニュー番号で探す → No.183(豆ごはん)

えんどう豆ごはん

<材料 2人分>

米     2合
えんどう豆 75g(実だけ)
酒     大さじ1
塩     小さじ1.2

<作り方>

グリンピースはさやから出してサッと洗う。

米と豆を内鍋に移し、2合の目盛まで水・酒を加えます。

30分ほどそのまま置いて浸水させ、

分量の塩を溶かして軽く混ぜ合わせ、えんどう豆を加えて普通に炊きます。

1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクック(KN-HW10E)

<操作手順>

手動で作る →ご飯を炊く →合数を選んで「 スタート」を押します。

ごはんを炊く10

炊き上がれば、全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

クラウドからダウンロードしたら、小さいホットクックでも炊けます。No.183(豆ごはん(農業女子))

後入れのほうが仕上がりの色はいいのですが、おいしいので最初から豆をいれてつくります。型抜きで形をつくると、お弁当にもおすすめです。これは、100均一ショップで見つけた型抜きです。