野菜が美味しい|ヘルシオの低温蒸し(ソフト蒸し)がおすすめです。

こんにちは、フーばぁばです。元気で快適な老後を暮らすために、話題のAI家電ヘルシオ、ホットクックのレシピを記録しています。

キャベツをヘルシオの自動メニューで蒸しました。ヘルシオで蒸すととってもおいしいです。青菜や、アスパラガス、ブロッコリーいろいろ蒸して冷蔵庫で保存しています。

枝豆も自動ボタンを選択して押すだけ!

色鮮やかなまま、しっかりと蒸されていて、美味しい。もう、鍋の前につきっきりになって、茹でなくてもいいので・・楽です。

まかせて調理 → 蒸す・ゆでる
メニュー選択 → 蒸し物 → メニュー番号26(蒸し野菜)
手動:蒸し物(強)で約12分。

ブロッコリー

水タンクに水を入れてセットします。

ブロッコリーは、房部分を切り取りザルの中へ

角皿の上にザルを乗せて下段

ヘルシオ1段AX-AW400

<操作手順>

蒸す

もやしや、切った野菜などは100円ショップでみつけた小さめのザルをつかって蒸しています。

栄養そのままで、美味しさ3倍の食生活のすすめ

平山一政さんが勧める「70度蒸し」とは?

70度蒸しとは通常の温度よりも低い温度で蒸すことで、いろんな栄養素・旨味成分・香りが壊れていくが、70度の場合は保たれます。さらにゆっくり蒸すとでんぷんが糖に変わり甘くなり、タンパク質がおいしくなる。

65度~75度で食材を蒸す事がポイントです。

基本は、どんな食材もおよそ20分。

70度蒸しに向いている食材は、

魚介類 貝や魚は生臭さなどが取れ、旨みは逃げず、プリプリとしておいしく仕上がる。蒸しただけでもおいしくいただけるが、軽く表面を焼いたり、煮たりしても良い

葉物野菜 シャキシャキとした触感になりアクも取れる。素材本来の味を楽しむことができる。また煮崩れしにくくなるので鍋に入れて良い。

きのこ 美味しくなるだけではなく70度で蒸すと旨味成分が非常に高まると同時に、体に対する健康効果がグッと高まる。

トマト 甘くなる。潰してトマトソース代わりにしても良い

大根 70度蒸ししてから大根おろしにすると1週間置いてもおいしく頂ける。

引用:平山一政さんの著書「 毎日がおいしい70度蒸し」

平山一政さんの書籍「 毎日がおいしい70度蒸し」、勝間さんの『勝間式 食事ハック』を読んで、70度蒸し野菜を食べたいと思いヘルシオを購入しましたが、買ってよかったです。

単にほうれん草を茹でたいと思ったときに、水を大量に温めて茹でると、時間がかかる上に栄養分が外に逃げてしまいます。それであれば、初めからほうれん草を食べる時には、ほうれん草を水蒸気で蒸して食べればいいのです。蒸しを使う利点は、食品が酸化しづらく、水分が残り、AGEができにくいということです。しかも茹でたり焼いたりするよりも加熱が均一になり時間も早いのです。

・・中略

表面に焦げ目ができるとおいしく感じる人も多いと思いますが、これは「メイラード反応」と言って、体に良くない老化物質であるAGE(終末糖化産物)ができあがっている証拠ですから、あまり好ましくありません。

引用:勝間さんの著書「勝間式 食事ハック」

ヘルシオで時間と温度を設定してしまえば、栄養そのままで美味しさ3倍の食生活が簡単に継続できます!おかげで生活習慣・食事生活をみなおして健康に、気持ち良く毎日過ごしています。

↓参考にした書籍はこちら