【勝間流・無水カレー】ホットクック(No.007)カレー粉があれば簡単です。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

ラクして おいしく、太らない! 勝間式超ロジカル料理』に掲載の「無水カレー」をつくりました。いつものように総重量をはかって、0.6%の塩を入れてホットクックをセット。65分待つだけ!野菜や肉の量はレシピ通りじゃなくても大丈夫らしいので、冷蔵庫にある野菜を適当に入れています。

メニュー番号で探す → No.007(チキンと野菜のカレー(無水カレー)

ホットクックで無水カレーを作る

<材料 2人分>ちょっと多めに作ります。

トマト    2個(缶詰でもOK)
玉ねぎ    1個
ジャガイモ  2個
人参     1/2本
鶏肉     1枚
にんにく、しょうが(チューブ) 少量
カレー粉    12g~16g
★塩     小さじ0.6

総重量600g×0.6%=3.6g(小さじ0.6)



<作り方>
まぜ技ユニットを使います。

内鍋に肉、野菜を入れ(じゃがいもは大きめに切ります。)

具材の重量をはかります。

具材重量0.6%の塩とオリーブオイルを一回しいれ、

無水だけど・・水を大さじ1を入れました。

ホットクックの本体にセットして

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)

<操作手順>

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.007(チキンと野菜のカレー(無水カレー)を選んで「 スタート」を押します。

メニュー番号で探す

最後にカレー粉を入れてよくかき混ぜます。カレー粉は味をみながら調整しています。

レシピ通りの材料でなくても大丈夫。

塩分0.6%の法則を知ってから、食材の量がレシピと違っても、つくれるようになりました。時々、適当に入れて失敗することも。やっぱり、計量は手抜きしないほうがいいようです。我が家はこれを使っています。0.1g単位で計ることができます。


勝間さんが使っていたカレーはこちら、


野菜は、冷蔵庫にあるものを適当に入れています。ホットクックが来てからは前日から仕込まなくてもおいしいので、何度もリピートしています。

【カレー・シチュー】ホットクックが一番得意な料理!!
カレー・シチューは、時間がかかって色々面倒くさそうと思っていませんか。 本当に簡単でおいしい!ホットクックが一番得意な料理だと思います・・

↓公式レシピはこちら

チキンと野菜のカレー(無水カレー)|ヘルシオ ホットクックレシピ|ヘルシオ ホットクック:シャープ
シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」で作る、チキンと野菜のカレー(無水カレー)レシピです。毎日のおかずから、ハレの日のメニューまで、ホットクックにおまかせ

<公式レシピの材料>

予約調理を使って

  • ふたを閉める 材料をセット
  • 予約キーのランプが点滅します。
  • できあがり時刻 を合わせる
  • 「分」を合わせて決定し、予約時刻を設定します。