炒り豆腐。ホットクック(KN-HW10)で煮るだけ!簡単です。

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

ホットクック(KN-HW10)で炒り豆腐をつくりました。今回は宇和島のてんぷらが余っていたのでいれました。甘みのある味「あごだしてりたれ」を使った簡単な手抜き料理です。

沸騰して5分なので、実際は15分から20分ほどかかります。

手動で 煮物を作る(まぜない)・5分

炒り豆腐

<材料 2人分>

豆腐         1/2丁
にんじん、しいたけ  適量
★水         大さじ2
★だしつゆ      大さじ2
卵(後入れ)     1個

Mサイズの卵は正味(殻なし) 約50だから、野菜と豆腐で約300gにすると計算が楽です。

0.6%×100÷7.3(しょうゆの塩分パーセント)=8.2%で計算すると、

総重量360g×8.2%=しょうゆ29.5ml・ 大さじ2

<作り方>

豆腐は水分が出やすいのでしっかり水切りをします。

人参、シイタケは2~3cmの細切りにします。

内鍋に豆腐、野菜を入れ、★調味料を入れて加熱します。

1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクック(KN-HW10)

<操作手順>

「手動で作る」→「煮物を作る」(まぜない)・5分を選んで「 スタート」を押します。

まぜない10

割りほぐした卵を回し入れ、全体を混ぜ合わせて「延長」2分加熱します。

延長10

<使った材料>

フライパンであぶって食べたらおいしい愛媛のてんぷら。


(甘みのある味)これ1本で簡単に和食料理の味が決まる久原のたれ。