おいしい煮魚(ヘルシオ・ホットクック)

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックを実際に試しながらレポートしています。

ホットクックを使えば、おいしい煮魚が簡単に作れます。

今日は残った煮汁で大根を煮るので、水を100ml入れました。

No.251(カンタン煮魚)

メニュー番号で探す → No.251(カンタン煮魚)

大根は、手動で煮物 ⇒まぜる・20分

↓をクイックすると、作り方をレシピ動画で紹介しています。

材料(2人分)

白身魚の切り身 2切れ
しょうがの薄切り 適量

・醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・水   100ml

しょうゆ、

0.6%×100÷16(しょうゆの塩分%)=3.75%

総重量600g×3.75%=22.5g

めんつゆは出汁と醤油、糖分で構成されているので、煮物の味付けに便利です。

創味のつゆ

0.6%÷16.4g(めんつゆの塩分%)×100ml=3.6%

総重量600g×3.6%=21.6g

 

作り方

  1. 魚はお湯をかけて洗います。
  2. 醤油、みりん、砂糖、水を入れて混ぜ合わせてから
  3. 内鍋に白身魚を重ならないように並べます。
1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクック(KN-HW10)<操作手順>

まぜない10

 

ほぼ毎日ホットクックをつかっています。まだ使いこなしていないのでワンパターン・・同じ機能ばかり使っています。

それでも・・かなりレパートリーが増え、食生活が豊かになりました。

 

煮物

ホットクックで蒸しキャベツが甘い!
手動で蒸し野菜(キャベツ)これ、便利です。 野菜も肉も魚もヘルシーで、おいしく、簡単に料理して食べれるので気に入っています。 ・・

↓参考にしたサイト。ホットクック(KN-HW10)レシピ

|COCORO KITCHEN:シャープ
シャープの「ヘルシオ」 「ヘルシオ ホットクック」を使ったお料理と「鍋・フライパン」で作れるレシピをご紹介します。 COCORO KITCHENで毎日をもっとおいしく!

ホットクックのメニュー集にのっていない料理を作るコツ

  1. 食材や加熱時間、混ぜ方が似ているものがメニュー集の中にあれば、そのメニューキーを使うことでうまく調理することができます。
  2. ホットクックで調理すると食材からたくさんの“水分”が出ます。だし汁などの水分は普段のお鍋のときの2/3程度の分量で丁度よく仕上がります!
    それに合わせて、調味料も少し控えめに。
  3. 加熱の途中に「決定」ボタン※を押すと加熱が一時停止するので、
    ふたを開けて中の様子を見ても大丈夫です。
    ふたを閉めてもう一度「決定」ボタンを押せば、加熱が再開されます。

 

めんつゆを何%で入れれば良いか計算

成分表を見てめんつゆの塩分濃度を計算します。100mlに対して16.4gなので計算すると

0.6%(料理の塩分濃度)÷16.4g×100ml=3.6%

 

具材の総重量に出た割合をかける

600(具材の総重量)×0.036(めんつゆ量の割合)=21.6

この、21.6gが今回使うめんつゆの量になります。

 

キッコーマン生しょうゆ。

☆15.0mlあたり食塩相当量は2.4g

0.6%÷ 2.4g ×15.0ml =3.75

総重量600g×3.75%=22.5g