冷凍餃子|ヘルシオde約20分。やっぱり「まかせて調理」はラクです。

こんにちは、フーばぁばです。老後もラクしておいしいごはんを食べたいと「AI家電」の勉強中!ヘルシオ・ホットクックを使いこなすコツやレシピを記録しています。

冷凍餃子をヘルシオの「まかせて調理」で焼きました。約20分、時間はかかりますが、手間がかからないのでラクです。夫婦2人分の食卓は偏らないで、いろいろな食材をまんべんなく!!冷凍食品も上手に利用して、手抜きしてもいいと思っています。

まかせて調理 →焼く

冷凍餃子

<材料 2人分>

冷凍餃子 6個

<作り方>

水タンクに水を入れてセットします。

取っ手の取れたフライパンだけど・・まだまだ現役です。

フライパンに餃子の裏側を上にして並べて、(逆にすると焼き目が反対になります。)

角皿にのせて下段にセットします。

下段

パリッパリの焦げ目がつきます。

ヘルシオ1段タイプ AX-AW400

<操作手順>

焼く

約20分・・時間はかかりますが、ヘルシオだと手間がかからないのでとても楽です。焼いている間に、もう一品できます。

ポン酢か、餃子のたれにラー油をたらしていただきます。

 

フライパンと比べて、細かなところは、どうかなと思うけど・・でも、やっぱりヘルシオの「まかせて調理→焼き」はいいです。冷凍の春巻や焼売も「まかせて調理」で焼くと、皮がパリッパリに焼けて美味しい!おすすめです。

子供たちが来たときなど、人数が増えても同じように作れるので助かります。その時は、角皿にオーブンシートを敷いて、餃子を並べます。