ホットクックで「手作りヨーグルト」容器にいれたまま作って手間を省略。

こんにちは、フーばぁばです。ヘルシオ・ホットクックを実際に試しながらレポートしています。

公式レシピでは、混ぜ技ユニットも、内鍋も熱湯消毒して作ります。直接ホットクックに入れないので消毒はしませんが、容器は熱湯消毒して使っています。

1.0タイプと1.6タイプのホットクックで試してみました。

ヨーグルト

手動で作る→発酵・低温調理→43℃・7時間→スタート

下記動画↓をクイックするとYouTube が開きます。

 

材料(作りやすい分量)

牛乳 500ml

市販ヨーグルト 1/2本

※種菌(R-1ヨーグルト液体タイプ)を使いました。


作り方・手順

■1.6タイプの場合

タッパーなどの容器に牛乳とヨーグルトを入れて、よく混ぜます。

内鍋に水600~800ml入れて、

蒸し板を敷きます。

その上に、容器をのせて

手動で作る→発酵・低温調理→43℃・7時間→スタート

 

約7時間。出来上がりです。

冷蔵庫で1日くらい冷やすと、美味しくなります。

 

※ホットクック内の温度を均一にするために、通常の蒸し物より水を多めに入れています。

 

■1.0タイプの場合

容器が入らないので、ジブロックの袋に入れて

水を張って、セットしました。

手動で作る→発酵・低温調理→43℃・7時間→スタート

できあがったら、別の容器に移しかえて冷蔵庫で保存します。

 

ヨーグルトに、りんごのコンポートをのせて食べています。

【りんごのコンポート】ホットクックで簡単!
「りんごのコンポート」をつくりました。内鍋に材料を全部入れてスイッチ ポン。後はホットクックが煮詰めてくれます。 ・・

 

■よろしければこちらもご覧ください。

ホットクックでヨーグルト。簡単すぎる!これでタンドリーチキンも作りました。
公式レシピの「ヨーグルト」を作りました。簡単すぎて、ビックリです。 注意するのは、6時間かかるので出来上がり時間を逆算して時間・・
ホットクックの煮沸消毒の方法です。【追加】
甘酒、ヨーグルトなど、ホットクックの内鍋に直接食材を入れて作る発酵・低温調理メニューを調理するときは、内鍋、内ぶた、まぜ技ユニット、・・

 

6時間かかるので手間なようですが、準備は5分で後はほっとけるし、道具もできるだけ少なくしたいので、我が家はホットクックで作っています。

家族の多い方はヨーグルトメーカーも便利です。



【一分動画】

我が家はヘルシオ AX-AW400容量26L ・1段タイプのオーブンとホットクック KN-HW16DKN-HW10Eを使っています。

■最新機種はこちら■



低温調理(ホットクック)動画あり作り置き
シェアする
シニアのヘルシオ ホットクック活用術