ホットクック(KN-HW10)で炒飯(チャーハン)が簡単!

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中です。

残りごはんでチャーハンをつくりました。全材料を内鍋に入れて、セットするだけ!!ホットクック(KN-HW10)はフッ素加工なので鍋にくっかないから楽です。

炒飯(チャーハン)

手動⇒炒める・5分⇒スタート

↓をクイックするとYouTube 動画が開きます。

「チャーハン」手は抜きまくりです。【フーばぁばのヘルシオ ホットクック】

※2人分ときは「炒める・8分」にしています。

途中で、蓋を開けて全体を混ぜると、パラパラの出来上がりになります。

材料(1人分)

暖かいご飯  1杯
卵      1個
ネギ     適量
ベーコン 適量

  • 炒飯の素    1/2袋
  • サラダ油    大さじ1/2
  • 塩コショウ   適量

玉ねぎは水分が多く出るので入れないほうがパラパラに出来上がります。

作り方

  1. まぜ技ユニットを使います。
  2. ご飯は、レンジで温めてから、溶いた卵をまぜます。
  3. サラダ油をひいて
  4. 具材→卵をまぜご飯→調味料を入れてセットします。
  5. あとはホットクックにおまかせ。

1.0Lタイプ
1.0Lタイプ

ホットクック(KN-HW10)<操作手順>

手動メニューの 炒める・5分を選んで「 スタート」を押します。

炒める

加熱が終わったら、全体を混ぜ合わせて・・

足りないときは「延長」で水分を飛ばします。

延長で2分を選んで「 スタート」を押します。

延長10

お皿に盛って、出来上がり!フッ素樹脂加工のしてある、小さめの新型でないと、上手くつくれない。ここがポイントかも。

チャーハンなど炒め物までできるなら、ホットクックとヘルシオがあれば、もうガスコンロも炊飯器もいらないんじゃないか?と本気で思います。

ホットクック(KN-HW10)は水位線の表示もあるので炊飯器としても便利に使えます。本体サイズは220×305×240mm(幅×奥行き×高さ)。一回り小さくなっています。

<使った材料>

市販の調味料を入れると、バッチリ!!味が決まります。

粉末タイプも便利です。