「牛丼・豚どんぶり」めんつゆけで味が決まります。【頑張らないホットクックレシピ】

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

「豚どんぶり」をつくりました。ホットクックに玉ねぎと牛肉入れたら出来上がり!!

玉ねぎは多いほうがおいしいです。

牛丼・豚どんぶり

自動調理メニューNo.073(回鍋肉)を使います。

メニューで探す⇒カテゴリーで探す⇒煮物⇒回鍋肉⇒スタート

 

材料(2人分)

玉ねぎ     1/2個
牛肉コマ切れ  200g
冷凍のしめじ  適量

  • 水     50ml
  • めんつゆの素 大さじ3

参考にしたサイト(茅乃舎・商品のレシピ

 

作り方・手順

  1. まぜ技ユニットを使います。
  2. 玉ねぎは薄切り、肉は細切れを使います。
  3. 内鍋に、玉ねぎ、牛肉、めんつゆの素(大3)と水(90ml)を加え、本体にセットします。

 

 

1.6Lタイプ
1.6Lタイプ

ホットクック(KN-SH16)<操作手順>

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す →No.073(回鍋肉)→ 調理を開始する → スタート

メニュー番号で探す

約20分で出来上がり!

付け合せにキャベツ、ニラをレンジで2分チンして、温サラダを作りました。両方がちょうどよいタイミングで出来上がりです。ご飯の上にのせて、美味しくいただきました。

牛肉と玉ねぎがあれば、火の番もかき混ぜる手間もいらないのでラク!!出来上がってから内鍋の中を見て、時間を延長することもできます。

肉は後から入れた方が柔らかいのですが、面倒でなので最初から入れています。

最初は、「手動:煮込み10分→延長5分」で作っていたのですが、煮込みは沸騰するまで10分ほどかかるので同じような公式メニューから選びました。

余分につくって、冷凍保存しておけば、味もしみるし、温め直したときにもおいしい。

冷凍した状態からのあたためは

(ヘルシオレンジで4分30秒)

だし×醤油×甘み

これだけで味が決まります。 煮物に最適!

AI時代を先取り

シャープのホットクック レシピを参考に、ちょっと「AI時代を先取り」した気分で使いこなす練習中・・孤独になりがちなキッチンで、ホットクックが楽しくおしゃべりしてくれます。

洗い物がちょっと面倒というデメリットもありますが、気に入って、ほぼ毎日使っています。機能やメニューが多くてまだまだ使いこなせていませんが、簡単に美味しい料理ができる便利なAI家電。人と機械が得意なことを分業する時代がきたのかも。