生姜の活用方法(ホットクック)

こんにちは、健康で長生きしたいフーばぁばです。人気のAI調理家電を使って「食生活の見直し」を実践中!

買っても食べきれず余りがちな 生姜は、薄切りにして「新生姜の甘酢漬け」にしています。

新生姜 300g
下ごしらえ用の塩 … 小さじ1/2

昆布だし 135ml
酢  90ml
砂糖 大さじ3と1/2
塩 小さじ1/3

↓こちらのサイトを参考にして

新生姜の甘酢漬け(ガリ)のレシピ/作り方:白ごはん.com
白ごはん.comの『新生姜(がり)の甘酢漬け』のレシピページです。寿司屋でいう定番の“がり”を美味しく作るポイントを工程写真たくさん使って、まとめています。ぜひ初夏の新生姜が出回る時期にお試しください!

生姜の冷凍保存

小分けにしラップで包んで、保存袋に入れて冷凍保存しています。

生姜を乾燥させて保存

生姜を薄切りにしてザルに広げて、1日天日干ししています。
生姜は30分ほど蒸してから干すのがおすすめです。

手動でつくる→ 蒸す・30分 →スタート

生姜緑茶

生姜をお茶入れて飲むと「血管年齢を若返らせる効果がある」と言われています。また生姜には血糖値や悪玉コレステロールを下げ、中性脂肪を抑える効果が期待できるそうです。(参考:教えてもらう前と後、健康カプセル!ゲンキの時間)

<生姜緑茶の作り方>
お茶(80度くらい)に、皮付きのしょうがをすりおろし(小さじ1)入れる。

ただ、

生姜をすりおろすのは面倒なので、余った生姜を「乾燥生姜」にして、お茶に入れて飲んでいます。

煮物にいれたり、お茶に入れたりと

まーー、いろんな方法で試しています。